中高年に多い老人性のいぼを取り除こう【体に負担の少ない治療】

綺麗にしてくれる施術方法

ボディ

受けようか迷う方に

いぼを除去する方法には健康保険適用の液体窒素や電気メス、服薬療法があります。皮膚科で受けられますが治療の場はそこだけではなく、美容整形外科という選択肢もあります。この場合、健康保険が適用されない施術もあるのですが綺麗に取り除けるという利点があります。美容整形外科でなぜ綺麗に取り除けるのかと言うと、目的が一般的な皮膚科などとは少々異なるからです。美容と名の付く通り、見た目を美しく改善する事が目的の機関です。施術方法もレーザーが主流であり、多くのクリニックで使用されている炭酸ガスレーザーは保険は効きませんが、いぼを傷跡が残らない様に除去できる機器です。また周囲の皮膚に負担を掛けない性質があるので安全です。いぼを病院で治療すると、取り除く事はできますが終了するまで時間はかかります。この場合の終了とは、施術後に患部の状態が元に戻るまでを言います。仮に液体窒素で取り除くと、いぼは赤黒く変色して数日後に自然にとれる過程になります。その間は目立ちますし、顔や首など露出する場所ならなおさら他者の目を気にする必要があります。美容整形外科では、個人差はありますが施術後のその日にメイクをする事も可能です。赤みが出る場合もありますが、完全に治療が終了するまでも目立ち難く、メイクなどで隠す事もできます。以上の様に施術終了後から目立たなくて、治療完了した時も傷跡の心配なく綺麗に取り除いてくれるので、特に女性が選択しています。美容整形外科で治療を受ける前に、必ずカウンセリングが行われます。いぼの状態や費用などを提示してくれます。この際、施術後の注意点も確認しておく必要があります。施術後のスキンケアについても美容整形外科で指導をしてくれます。肝心なのはそれをしっかりと守る事です。注意点には個人差はありますが、基本的に3つの点が指導されます。1つがかさぶたの対応です。レーザー治療後、だいたい1週間程で皮膚は修復します。かさぶたは新しい皮膚ができてきている証拠でありますが、気になるからと無理にはがす事は禁止です。2つ目が乾燥させない事です。かさぶたができたら上記の対応ですが、かさぶたを作らせない方法として湿潤療法というものが推奨されています。乾燥させずにおいてかさぶたができない様にする事で、傷跡が残らず綺麗に治ります。体からでる浸出液が綺麗に皮膚を修復してくれるのですが、その為に専用のテープなどを貼って過ごす事になります。3つ目が施術後の皮膚は弱いので紫外線対策が必要です。色素沈着の原因にもなるので、極力紫外線を避ける事が大切です。この他にも当然の事として清潔保持を心がけて、感染予防をする事が大切です。いぼの治療後には注意点を指導されますが、気になる点がある場合は美容整形外科でケアも行ってくれますので相談すると良いでしょう。

Copyright© 2018 中高年に多い老人性のいぼを取り除こう【体に負担の少ない治療】 All Rights Reserved.